上 野 裕 一 Yuichi UENO / Ph.D.

   2013年学校法人日通学園 理事・評議員 【現職】
   2013年弘前大学 医学研究科 博士課程修了/医学博士
   2012年流通経済大学 学長補佐 【現職】
   2010年流通経済大学 スポーツ健康科学部 学部長 【現職】
   2009年流通経済大学 ラグビー部 CEO就任 【現職】
   2005年流通経済大学 スポーツ健康科学部 教授  ラグビー部 GM就任
   1999年流通経済大学 社会学部 教授
   1993年流通経済大学 社会学部 助教授
   1990年流通経済大学 社会学部 専任講師  ラグビー部 監督就任
   1986年ニュージーランド オタゴ大学 客員研究員



 
主な社会活動

  日本ラグビー協会 執行理事

  スーパーラグビー ジャパンエスアール CEO

  国際ラグビー協会( World Rugby ) コーチトレーナー

  アジアラグビー協会 EXCO(執行理事)

  特定非営利活動法人 クラブ・ドラゴンズ 理事長

リ ン ク

  流通経済大学 スポーツ健康科学部長

  流通経済大学 ラグビーフットボール部

  書籍出版 叢文社

  特定非営利活動法人 クラブ・ドラゴンズ

  日本オリンピック委員会




著書 / 学術論文 / 学会発表

国立情報学研究所

 

ラグビー観戦メソッド − 3つの遊びでスッキリわかる −

単著 2015年12月 叢文社

「おしくらまんじゅう」「鬼ごっこ」「陣取り合戦」この3つの遊びにあてはめてラグビーを観ると、とても身近なスポーツだということがわかる。
Proud lonely athletes
誇りと孤高のアスリート


共著 2015年5月 Advances in Social Sciences Research Journal

『価値観』とは人々の葛藤への対処や意思決定を導く理念です。2011年3月、日本を襲った東日本大震災の人的社会的被害は甚大であり,スポーツ活動等の自粛観を惹起しました。一方で直後から、スポーツ界は地域救済への様々な義援活動を展開しています。本研究は『震災後のスポーツ選手・組織の様々な義援活動は、どのような価値観を提起しているのか?』を考察しました。そこで明らかにされた価値観は「将来への希望」、「家族の絆」、「卓越」、「世界への挑戦」、「生きる力」、「挑戦」、「勇気」、「自信」、「競争力」、「敬意」等が上位項目に挙げられました。更にネットワーク分析の結果(有資格指導者、スポーツ科学部学生、一般学生間での比較)から、エリートアスリートの生活は勝利獲得を求める過酷で孤高な闘いの日々であるがゆえに、「真の友情」や「家族の絆」を希求しているのではないかと考察しました。しかしその孤高の戦いというスポーツの価値観は、何らかの「社会的な誇り」といった価値観と結びつくことで、社会的資源たりうるのかもしれない。
ラグビー選手における肩関節脱臼後の対応

共著 2013年3月 流通経済大学スポーツ健康科学部紀要

R大学ラグビー部では再脱臼防止のため、受賞直後の応急処置、リハビリテーション、タックルフォーム確認を含む復帰前のリハビリテーションをチームドクター1名、アスレチックトレーナー3名、PT3名で構成されているメディカルスタッフが中心となり対応している。
本報告は現在ラグビー部に所属している部員132名に対し、出身校の方脱臼後の固定方法、コンタクトプレー開始時期のアスレチックリハビリテーションの傾向について聞き取り調査をしたため報告する。
「TeachingからLearningへ」を問い直す

共著 2013年3月 流通経済大学スポーツ健康科学部紀要

スポーツ健康科学部においては、現在まで実施されてきた本学FD活動および音楽部におけるその活動を検証し、今後のFD活動の効果を最大化し、学部改革の一助にしていきたいとの発想のもと、検討を進めてきた。本稿はその過程をまとめたものである。
本稿で議論した内容は「ティーチングからコーチングへ」、「学習から学修へ」といった言葉がもてはやされているが、はたしてこれまでの教授法は何が課題であったのか。また新たな情報社会へと直面し、様々な情報コミュニケーション機器の活用が叫ばれているが、基幹教育とその手法のかんれんはあるのか。などである。これからの課題に本学の教育方針と併せて考えていく。
Changes in immune functions during peaking period in male university soccer players

共著 2013

Objectives. The concept of peaking ensures that athletes have trained to attain their absolute peak performance levels prior to a competition. To investigate the effects of peaking, on the functions of neutrophils and lymphocytes in university soccer players during a 5-day soccer training camp followed by 2 weeks of tapering. Method. The study subjects were 22 soccer players who were members of a university soccer club. We carried out our investigation during a 5-day training camp and 2 weeks after the training camp (ie. the conditioning period). We measured body composition, immune-related parameters (leukocyte count, neutrophil count, lymphocyte count, immunoglobulins and complements), myogenic enzymes, superoxide dismutase activity (SOD) and neutrophil functions (reactive oxygen species (ROS) production, phagocytic activity (PA), serum opsonic activity, and lymphocyte subtypes). Results. Leukocyte and neutrophil counts tend to increase after the training camp compared to those before the training camp, and recovered during the conditioning period, although the final values were still lower than those before the training camp. The amount of ROS production per neutrophil and level of SOD decreased significantly during the conditioning period compared to before the training camp (p<0.05, p<0.01, respectively). Levels of Th1 cells decreased significantly during the conditioning period compared to the training camp (p<0.05). Conclusion. The period of two weeks for the tapering period was considered insufficient to allow the athletes’ immune function to recover completely after an intensive training camp.
Cognitive societalhuman values of sports: after the 2011 disaster of Japan

共著 2013年2月 The Journal of Biological and Chemical Luminescence : Published online

This study examines the recognition of life management and offers insight into the interpretation of benevolent sports activities following Japan’s March 2011 disaster. After the incident, people suspended all sports activities, but various benevolentsports activities were developed immediately in the damaged areas. By interviewing Japanese students (N=405), this descriptive study investigates the recognized human value structure of sports in a crisis situation by applying the social management concept of ‘time perspective’ and ‘hope’. The question asked to the participants was ‘What types of values do you recognize in Japanese benevolent sports activities to help the damaged society after the 2011 disaster?’ The participants ranked eighteen items (1 to 18) terminal and instrumental values. Next, cluster analysis (Ward’s method) was carried out to further explore the close relationships between the ordersof intimacyvalues within each value cluster. The results of the terminal values study suggest greatest recognition of (1)a world with the universal values of ‘happiness’ and ‘freedom’ and (2) the pursuit of a life with finite values of ‘a sense of accomplishment’ and ‘self-respect’. This clustering suggests the ontological commitmentto a dynamic balance of finite and universal values. The results of the instrumental values study suggest greatest recognition of the following human characteristics: (1) ‘courageous’ and ‘honest’ by inner motivation and altruistic dedication to virtue ethics and (2) ‘ambitious’ and ‘capable (of logical activism)’ for survival. Finally, a network analysis was performed to explore the centrality of the multi-value space in benevolent sportsactivities. Network analysis (graph theory) presentsthe holistic evaluation method for the positional functions of societal values and organization.
周辺教科の逆襲

共著 2012年12月 叢文社

生きる力は周辺教科で作られる! 現代教育への提言
Sepcial Lecture High Performance Plan - Looking at the RWC 2019 in Japan.
2019年に日本で開催されるワールドカップまでの日本代表強化のための戦略計画について

特別講演 2012年11月 The 1st International Sports Medical Science Symposium

Japan has won the bid for the World Cup 2019 and will be the first Asian country to host a Rugby World Cup. After the RWC 2011, Japan has set its target to be in the world top 10 in 2015. Japan’s High Performance (HP) Plan is based on a Long Term Player Development (LTPD) model, and it is now focused on being the top 8 in the Rugby World Cup (RWC) 2019.
BALLET COACHING(バレエコーチング) − 考えるダンサーを育てる −

監修 2012年10月 叢文社

なぜ踊るのか、どう教えるのか、なにを学ぶのか、すべての舞台から、バレエを見つめるために。日本バレエ界の現状をいま。新しいバレエ教科書の決定版。
指導者資格が存在しない現在の日本バレエ。バレエ指導に必要な指導者の学びはとは何か?世界のバレエとスポーツの視点を取り入れた指導法バレエコーチングを紹介する。
重傷事故防止について

共著 2011年6月 埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会誌(査読有り), Vol. 1 (1)

ラグビーの現場における安全対策の重要性及びその対策について述べた論文。
DESCRIPTIVE SOCIETAL-VALUE STRUCTURE AND MAPPING APPROACH ON FOOTBALL; SOCCER & RUGBY UNION

共著 2011年5月 VIIth World Congress on Science & Football 2011

Descriptive recognition about football code would suggest the concrete socio-psychological factors. This study is composed by two researches. The first is to discuss with the social recognition of the general value-order by the soccer national team’s challenge for the World Cup. The second is to focus the recognition for strategic information competitiveness challenge toward the international match by the rugby national team.
VISION DEVELOPMENT OF YOUTH RUGBY PLAYERS THROUGH ART EDUCATION.

共著 2011年5月 VIIth World Congress on Science & Football 2011

As the game of rugby consists of many complicated aspects, rugby players are needed to develop their wide and multitude vision. Players are supposed to develop such vision through their ‘performative image’. Although usual vision training makes players describe their intentionality by words, we attempt to achieve it through art education. This presentation aims to exemplify that artistic activity can be one of the effective ways of developing vision of rugby players.
A STATISTICL REVIEW OF RUGBY UNION GAME FOR AGE 13 TO 15 IN JAPAN

共著 2011年5月 VIIth World Congress on Science & Football 2011

Japan Rugby Football Union (JRFU) has adopted a modified game (junior rugby) for age 13 to 15. This game was designed to increase ball in-play time and to promote more running and handling skills and to reduce contact plays in a match. Laws of junior rugby, regarding number of players and lineout players, duration of a match and scrum, differ from 15 a side laws. The reason why JRFU has introduced junior rugby is clear, however, game profiles of junior rugby have never been investigated since the adoption. The purpose of this study was to present statistical features of junior rugby.
ラグビー・フォー・オール − 日本がひとつになるとき −

単著 2011年3月 叢文社
楕円の学び − よりよい指導者の育成を目指して −

共著 2010年8月 叢文社

人を育て組織を動かす指導者が、自らの能力を高めていくためのキーワード。それが「楕円の学び」と「メタ・コーチング」
「見る力」を育てる − 身体知を育てる5つの力(1) −

共著 2010年8月 ラグビー科学研究vol.22,No.1

ラグビー選手のトレーニングはこれまで主にスポーツ科学や栄養学に基づいて行われてきた。しかし、ラグビーの複雑さゆえ、選手はその心身をより幅広く、深く発達させることを求められる。例えば、センスや感性といったものはどのように育てることができるのか?そうした疑問に答えるために、ラグビー選手のための美術教育について研究するプロジェクトを計画している。このプロジェクトは美術解剖学の知見の助けを借りてラグビー選手に適切な美術活動のプログラムを立てる試みとなる。
競技力向上を支援するJRFU情報科学

共著 2010年8月 ラグビー科学研究

2019年ラグビーワールドカップ招致、そして2016年五輪における7人制ラグビーの正式競技種目化に向けて日本ラグビー協会が組織した普及・競技力向上委員会の中で情報科学部門は中長期的戦略課題に有用なエビデンスの蓄積を目指してゆく。 競技の質的向上と量的拡大を支援するためにどのような社会的便益が提供しうるか、ラグビーの存在論的使命を提起し続け、今後競技人口及び関与者の拡大に向けた社会施策に関する知見についてもその論拠を提起する必要がある。本稿では、2010年度上半期に着手した情報科学活動(五輪出場戦略シナリオ、中学生年代競技者拡大、日本代表がワールドカップで社会に伝える価値観)を展望し、今後の方策について検討を加えた。 本研究は一部、文部科学省科学研究費挑戦的萌芽研究「美術とスポーツにおける身体観の相違についての理論的・実践的研究」(2009-2011年度:課題番号:21652014−01:研究代表:小松佳代子)および日本体育学会・体育経営管理分 科会平成21年度プロジェクト研究(佐々木康)の助成を受けた。
JWC2009におけるトライ・攻防・戦術分析

共著 2010年8月 ラグビー科学研究

JRFU競技力上委員会情報科学部門はJWC2009全試合を分析し、時間・エリア・ポジションの多次元的要因から高速攻撃化、防御・タックル精度、戦術情報を詳解した。上位ユニオンはトライの60%を一次攻撃で獲得する高速化エビデンスを示した。スタンドオフの状況判断能力と献身が注目される。フィジカルだけではない総合的な身体心理能力が機軸を成している。
指導者はいかにして指導法を学ぶのか?

共著 2010年3月 ラグビー科学研究vol.21, No.2

コーチはいかにして指導法を学ぶのか?本稿はコーチが自らの指導官を深めていく過程を明らかにしようとしたものである。 スポーツの実践は非常に複雑な過程であるため、指導法を学ぶとき何らかの理論を実践にあてはめればいいというものではない。 実践と省察との往還が必要である。コーチは自らの考えを外化して他のコーチやコーチ指導者と問題を共有し、より良いコーチングを内化していく必要がある。 本稿はそのようなコーチの学びの内実を理論的に捉えることを目指した。
JWC2009におけるトライ・攻防・戦術分析

共著 2010年1月 ラグビー科学研究

JRFU競技力上委員会情報科学部門はJWC2009全試合を分析し、時間・エリア・ポジションの多次元的要因から高速攻撃化、防御・タックル精度、戦術情報を詳解した。 上位ユニオンはトライの60%を一次攻撃で獲得する高速化エビデンスを示した。スタンドオフの状況判断能力と献身が注目される。 フィジカルだけではない総合的な身体心理能力が機軸を成している。
Winning mechanisms of 2007 rugby world cup: Pool stage competitions

学会発表 2008年9月 World Congress of Performance Analysis of sport VIII

ラグビーワールドカップ予選プールにおける順位を決定する下位構造(防御能力、陣地獲得能力、接触局面)について論じた。
Importance of the eyes for tackle injury prevention in Rugby Union

単著 2008年6月 British Jouranal of Sports Medicine, 42

Our findings suggest that a tackle performed with attention to head position and with eyes kept firmly on the the opponent may help to reduce severe tackle injuries to rugby players.
Visionary Sports Club構築のために − IRB指導者養成プログラムから学ぶこと −

単著 2008年3月 流通経済大学『スポーツ健康科学部紀要』

本稿は、IRBのコーチエデュケーター養成講習会の内容を手がかりに、未来を展望するクラブ形成について論じたものである。
ラグビーワールドカップ2007におけるゲーム・スキル構造

学会発表 2008年3月 日本フットボール学会

ラグビーワールドカップ予選プールにける競技勢力図について論じた。
全国高校ラグビー大会出場選手への安全に対する意識調査

学会発表 2008年3月 日本フットボール学会

第87回全国高等学校ラグビーフットボール大会において、参加選手全員に脳震盪後のIRBの定款を含めた安全への意識調査に関する報告。
日本ラグビーにおけるフィットネスレベル2007:ATQ実践の有効価値

共著 2008年2月 ラグビー科学研究第19巻第3号

本研究では、2007年度日本代表スコッドのフィットネスコンディションを代表サイドが2007W杯を前に独自に想定した、world class standards値と比較し課題を報告する。
2007ラグビーワールドカップ総括

共著 2008年2月 ラグビー科学研究第19巻第3号

競技力向上委員会情報科学部門では、ATQスタッフと連携を取りつつ2007フランスワールドカップトレンドを分析した。本報告はエビデンスに依拠する考察という意図から、図解の形式を多用し、各分析局面理解を深める様式を試行したものである。
IRBの指導者養成戦略と日本の指導者養成展望

共著 2008年2月 ラグビー科学研究Vol. 19, No. 3

本稿は、IRBという世界のコーチエデュケーター養成講習会の内容について紹介するとともに、今後のコーチ教育について展望したものである。
センスは育てられるか

共著 2008年12月 ラグビー科学研究Vol. 20, No. 1

本稿は、センスとは何か、センスは育てることが可能かということを、スポーツ選手とアーティストについて比較考察しながら論じたものである。
ラグビーが育てるかしこいからだ

共著 2007年11月 叢文社
情報・科学部門とATQ連動のパースペクティブ

共著 2007年7月 日本ラグビーフットボール協会『ラグビー科学研究』第19巻第1号

日本ラグビーの一貫強化体制、ATQ(Advance to the Quarterfinal)に対し情報・科学部門がどのように支援できるかについて提言を示したものである。
Advance to the Quarterfinal : 2007年U21/U23JAPANニュージーランド学生代表来日シリーズ報告

共著 2007年7月 日本ラグビーフットボール協会『ラグビー科学研究』第19巻第1号

2007年度の21歳以下、23歳以下日本代表の総括にあたり、ニュージーランド学生代表との全試合を分析したものである。Sports Codeというゲーム分析ソフトを用い、ラック終了時のプレーヤーの体勢を分析した。
ラグビーのちから  − モラル・エージェントからスキル・コーチングまで −

共著 2007年4月 叢文社
スポーツの人間形成機能を考えるために − ラグビーコーチングと教育学の対話 −

共著 2007年3月 『流通経済大学スポーツ健康科学部開校記念論文集』流通経済大学出版会

本稿は、スポーツの人間形成機能についてラグビーを主題にして論じたものである。ラグビーコーチングにおいて、個々のスキルや体力の向上が論じられることが普通であるが、本稿は、そうした目に見えるものではなく、チームへのロイヤリティや仲間同士の信頼関係、あるいは個々のプレイヤーの自信といった、目にみえない要素に迫るために、心理学や哲学の知見を借りながら考察したものである。
スポーツの人間形成機能を考えるために − ラグビーコーチングと教育学の対話 −

単著 2007年3月 流通経済大学スポーツ健康科学部開学記念論集
流通経済大学ラグビー部における2006年度外傷報告

共著 2007年3月 流通経済大学スポーツ健康科学部開学記念論集
大学ラグビー選手のストレングス&コンディショニングに関する意識と取り組み ‐ 大学ラグビーからトップリーガーを目指して ‐

共著 2007年3月 流津経済大学スポーツ健康科学部開学記念論集
2006年度シーズンにおける流通経済大学ラグビー部のゲーム様相

共著 2007年3月 流通経済大学スポーツ健康科学部開学記念論集
ラグビーのちから ‐人が育つコーチングプレイブック‐

共著 2007年3月 叢文社
Rugby Football as a Moral Agent

学会発表 2007年1月 6th World Congress on Science & Football
Safety Measures for Tackle of Rugby Union

学会発表 2007年1月 6th World Congress on Science & Football
Game Characteristics of Asian Women’s Rugby

学会発表 2007年1月 6th World Congress on Science & Football
日本ラグビー国際競技力向上への戦略的パースペクティブ:ATQ2007実践の有効価値

共著 2007年11月 日本ラグビーフットボール協会『ラグビー科学研究』第19巻第2号

本稿は、日本ラグビー協会が、世界の競合国にキャッチアップするため、2007年に試行錯誤を繰り返して取り組んできた若手の強化プログラムについて報告し、その総括を行ったものである。
IRBコーチ教育制度

共著 2007年11月 日本ラグビーフットボール協会『ラグビー科学研究』第19巻第2号

本稿は、IRBという世界のコーチエデュケーター養成講習会の内容について紹介するとともに、今後のコーチ教育について展望したものである。
ラグビーが育てるかしこいからだ

共著 2007年11月 叢文社

本書は、ラグビーの人間形成機能について考察したものである。特に、ラグビーという競技が、人と人との関係を紡ぐことのできる「かしこいからだ」をつくるという立場にたって、教育学、身体論、社会学などの知見を借りながらラグビーという競技の本質に迫ろうとしたものである。
Scoring profiles and defense performance analysis in Rugby Union

共著 2007年10月 International Journal of Performance Analysis in Sport, Vol.7, No. 3.

本稿は、日本のトップリーグの2003年から2005年のゲーム分析を行ったものである。トライの主要素としてターンオーバーに着目し、日本ラグビーにとって必要な戦術について考察した。
ラグビーから人間形成について考える

共著 2007年10月 日本ラグビーフットボール協会『ラグビー科学研究』

本稿は、ラグビーというスポーツの特質について、原理的に考察したものである。ラグビーというスポーツには、他者の身体に融即(participation)する協同的な側面と、全体の状況や布置を俯瞰して見る視点との両方が必要であることを明らかにし、こうした両者の観点を必要とするラグビーが、現代教育にも重要な要素を備えていることを見いだした。
モラル・エージェントとしてのフットボール

翻訳 2006年3月 流通経済大学 社会学部論叢 第16巻第2号
大学周辺の地域におけるスポーツ・文化支援活動の推進

共著 2006年3月 流通経済大学 社会学部論叢 第16巻第2号
The Market Plan of Massey University Sport, Leisure & Cultural Services

共著 2006年10月 流通経済大学『流通情報学部紀要』
Management Analysis of a Sport Organization

共著 2006年10月 流通経済大学『社会学部論叢』第17巻第1号
モラル・エージェントとしてのラグビー − スポーツの教育的価値を考えるために −

共著 2006年10月 流通経済大学『社会学部論叢』第17巻第1号
ラグビーのタックルにおけるShrug-motionの効果について

単著 2005年6月 流通経済大学体育指導センター紀要

本稿は、ラグビーが激しいボディコンタクトを伴うスポーツであることに着目し、中でもタックル時の外傷予防のための技術について考察したものである。その結果、タックル時におけるShrug動作を取り入れることで、頭頚部の固定制が増加する可能性について示唆された。
ラグビーコーチングの理論と実践

単著 2005年6月 流通経済大学体育指導センター紀要

本研究は、これまでに提出されてきたコーチング理論が「指導」だけを柱にしてきたのに対し、そこに「実践感覚」を導入し、よりマッチングした形のコーチング理論を構築するために検討を加えたものである。その結果、(1)個をとりまく関係性に着目したコーチング、(2)ゲーム全体を見通したコーチング、(3)メタ・コーチング、の3つの柱でこれからのコーチングを行っていくことが重要であることが示唆された。
流通経済大学における体育授業アンケート調査 − 実技科目の点検・評価基準の作成に向けて −

共著 2005年6月 流通経済大学体育指導センター紀要

大学体育の今後の存在意義を検討する基礎資料
流通経済大学1年次学生の体力測定の年次推移報告

共著 2005年6月 流通経済大学体育指導センター紀要

体育実技履修者の体力的特徴を知り、運動処方とそのスポーツ実践へのアプローチの仕方を教示するための基礎資料を得ることを目的とした1年次を対象に実施している形態測定と体力測定の年次推移報告である。青少年の特徴として身長は高くなり体重は減少しているスリム化傾向と体力低下が多く報告されているが、平成4年度から平成14年度における流通経済大学学生においても同様な結果が示された。特に持久力や柔軟性、敏捷性の能力が低下やその傾向が明らかとなった。
ラグビー選手の形態と筋力相対値についての報告

共著 2005年6月 流通経済大学体育指導センター紀要

本稿は、基礎的で重要な大筋群の土台であるベンチプレス、ハーフスクワット、デッドリフトについて計画的にトレーニングし、その結果、筋力値と形態及び身体組成測定値から変化について考察したものである。その結果、筋力は、ベンチプレス、デッドリフトで有意な増加が認められたものの、FW選手はBK選手よりも低い値であり、さらに高いパワーの獲得が必要であることが示唆された。
ラグビーを観に行こう(改訂版)

単著 2003年11月 叢文社

ラグビーを観に行こうの改訂版である.初版に加えて、特に攻撃面の内容をより多く取り込んだ.また、読者の想像力の発揮を意図とした内容面にも配慮してある.ラグビーに触れたことのない対象者に、技術面の指導よりもむしろ、ラグビーの本来持つ哲学や理念について触れながら、今後の日本社会を担う子供たちのより健全な成長を促進できるような狙いを盛り込んでいる.
ラグビーフットボールの選手管理の現状

共著 2001年9月 東海スポーツ傷害研究会会誌 Vol.19

流通経済大学ラグビー部学生の管理について、メディカル面から検討を行った。その結果、チームに参加する医師やトレーナーは、学生にとって重要な存在であるとともに、選手管理に極めて有効な方法であるといえる。
ラグビー選手におけるプレシーズンとシーズンにおける血液生化学値の変動

共著 2001年1月 ラグビー科学研究Vol.13

ラグビー選手を対象に、プレシーズンとシーズンの健康状態と白血球および一部の生化学データを比較した。その結果、筋波労と免疫能を示す指標に有意な変動が認められた。
ラグビーを観に行こう

単著 2000年3月 叢文社

小学生の子供達やラグビーをまったく知らない女性たちにラグビーの本質をわかってもらうために、文章とまんがを使って詳しく解説した。
呼吸運動と動作

共著 1999年5月 杏林書院「体育の科学」Vol.49

呼吸運動と動作の関係を明らかにするために、(1) 呼吸運動を起こす身体部位の構造 (2) 肋間筋と横隔膜のはたらき (3) 静止立位姿勢でのスポーツ競技 (4) 動作の強度と呼吸様式 (5) 動作強度と腹腔内左 (6) 動作と呼吸との優位性 等について解説した。
クレアチンサプリメント摂取によるラグビー選手のパフォーマンスへの影響

共著 1999年1月 ラグビー科学研究Vol.11

ラグビーのように短時間で終了する運動の繰り返しが多いスポーツにおいて、クレアチンサプリメントの影響を見るために長期服用と練習を同時に行った。身体組成にはクレアチンサプリメントの影響は見られなかったが、下肢の屈曲力と無酸素性運動時の疲労耐性に効果があった。これはクレアチンサプリメントにより練習密度が変化したためだと考えられた。
A GUIDE FOR COACHES

単著 1999年10月 (財)日本ラグビーフットボール協会

Even Better Rugbyの追補版である。 Even Better Rugbyは、日本ラグビーのコーチ養成のための基本的教科書である。ワールドカップ等世界の国々と対抗していくためには、ますます日本選手のレベルアップが必要である。そのためには、まず優秀なコーチの養成が不可欠である。そのためにEven Better Rugbyをベースとし、さらに新しいスポーツ科学の理解・学習のための資料を「コーチのための手引き」として補充した。
日体大Vシリーズ 「ラグビーフットボール」

単著 1998年11月 叢文社

ラグビーの競技力向上の要素として、単に技術や体力を一次元的に強化するだけでは、真のチーム力の改善は成し遂げられない。選手やチームの状況に応じてトレーニングの質や量の改善を図り導入していくことが重要であり、それらを長期的に運用していくという計画性(プログラミング)が必要になる。本書は、学校でのトレーニングを念頭に置きつつ、長期的なトレーニングプログラムの考え方や体力強化法、傷害予防や食事の問題など、現在考えられるラグビーのすべてを提案するものである。
海外のラグビートップチームにおけるゲーム様相に関する研究-NO,1 〜 super12シリーズのIN-PLAY、OUT of PLAYの時間から 〜

共著 1997年1月 (財)日本ラグビーフットボール協会 ラグビー科学研究 Vol.9

1996年と1997年のsuper12のラグビーゲームを対象に、VTRゲーム分析法を用いて、プレイの継続と展開に関する要素、特にIn-PLAYとout of PLAYについて検討した。
大学ラグビーフットボールチームにおける外傷と健康管理体制について

共著 1997年1月 Journal of Physical Fitness,Nutritian and Immunology Vol 7、No2

大学ラグビーチームの外傷の実態を明らかにするために、選手個人の健康状態を把握するために作られたカルテを基に調査を行った。
日本チームの防御力強化のためのエッセンシャルズ

単著 1996年6月 ラグビー科学研究Vol.8

日本人は外国人よりパワーで劣り、その根本的な防御の弱点が国際的に明白である限り、日本人は体力的ハンディキャップを補う必要がある。パワーの改善策として、1)パワー改善に必要な体力トレーニング、2)プレイヤーの大型化、3)外国人の採用とポジションの特定化などがある。これらの長期計画化を推進していることが望まれる。
日本のFITNESSを考える

共著 1996年6月 ラグビー科学研究Vol.8  (財)日本ラグビーフットボール協会

ラグビーのFITNESSを考える場合、チームの構成員の特徴、プレイヤーのFITNESS レベルやスキルレベル、そのチームの採用する戦術等を考えなければならない。FITNESSレベルを知る場合や定期的にその進歩の度合いを知るためには、客観的評価基準を栄定する必要がある。そのために、今回はまず、ラグビーに必要なFITNESSの構成部分について整理した。
日本人はどこまで世界に通用するか

共著 1996年3月 コーチングクリニック Vol.10 No.6

体力トレーニングに日本と海外との決定的な違いがある。日本人は、チーム練習主体であるが、海外の選手は個人的にトレーニングを行なって、その後チーム練習を行なっている。日本が海外のトップクラスに近づくためには、トレーニングに対する取り組み方を改善し、体力差を減少させることがトッププライオリティーである。
ラグビーにおけるゲーム分析システムの開発 − チームのゲームパフォーマンスの評価 −

共著 1995年1月 日本体育協会スポーツ科学研究報告 競技種目別競技力向上に関する研究 (ラグビーフットボール) Vol.19 No.6

ラグビーのコーチングにおいて、チームのゲームパフォーマンスを評価することの意義は大きい。世界的にもラグビーのゲームパフォーマンスを評価するためのゲーム分析法に関する研究は少なく、今回、日本独自のゲーム分析システム開発することに取り組んだ。今後はさらに一歩踏み込み、PCを用いて、REALTIMEのゲーム分析システムの開発に取り組む。
ゲーム分析システムの開発(その2) − 防御面の検討を中心として −

共著 1995年1月ラグビー科学研究No.7 (財)日本ラグビーフットボール協会

ラグビーのゲームでは、チームはボールの争奪とボールの活用(攻撃)を行なうだけではなく、それらに加えボールを相手に獲得された時に相手の攻撃を防ぐ防御活動を行なう。本研究は、ゲームにおけるゲームパフォーマンスを分析する方法論を確立するものである。
PHYSICAL CHARACTERISTICS AND ISOKINETIC LEG EXTENSION AND FLEXION STRENGTH CT- RUGBY FOOTBALL PLAYERS

単著 1994年9月 ASIAN SPORT SCIEN CES CONRESS, HIRO SHIMA’94

In order to examine the factors that contribute to the anaerobic power in dispensable for rugby football,six New Zealand and seven Japan rugby footboll players were assessed on the physical characteristics and the isokinetic leg extension and flexion stre
日本のラグビ−プレイヤーのためのFITNESS TRAINING RPOGRAMME を考える(第二報) − JAPANの戦術思想とゲームの特徴 −

共著 1994年1月 ラグビー科学研究(財)日本ラグビーフットボール協会

日本固有のFITNESS TRAINING PROGRAMME を確立するためには、まず日本チームがいかに戦術で対戦するかを知る必要がある。その戦術思想について−考察を加えると伴に、戦術に基づく選手起用の方法、ひいては、ポジション別の体力要素の特徴などを導き出すことが本研究の目的であった。その為の手順として、過去に行なわれた日本代表チームのテストマッチについて記録分析を行い、検討した。その結果、日本代表チームのディフェンスの欠点が一つ暴露された。
ゲーム分析システムの開発

共著 1994年1月 ラグビー科学研究 (財)日本ラグビーフットボール協会

ワールドカップの開催に伴い競技レベルが顕著に向上した。この背景にはラグビーゲームにおける情報分析が大きく貢献している。諸外国の状況や他競技の分析システムを踏まえて、日本独自のゲーム分析システムを開発することが本プロジェクトの目的であった。分析は試合のデビデオを一人の観察者が特定の記録紙上に各分析項目に従って記録をとるものであった。国内で行なわれた主要ゲームの分析を行なった結果、本ゲーム分析システムは、特に攻撃面についての分析に適し、防御面については今後一層の検討が加えられる必要があった。
日本のラグビープレイヤーのためのFITNESS TRAINING PROGRAMME を考える(第一報)

単著
1993年7月

トレーニング科学 Vol.5 No.1
諸外国ではすでにラグビープレイヤーのためのFITNESS TRAINING PROGRAMMEが確立され、それに沿った一貫指導がなされている。体力面でハンディキャップをもつ日本人プレイヤーこそ FITNESS TRAINING PROGRAMME に則った体力増強が必要である。本研究は、日本人プレイヤーのためのFITNESS TRAINING PROGRAMMEへのアプローチの一環として実施された。
1991ラグビーワールドカップにおけるJAPANの敗戦二試合をゲーム分析する - 体力学的立場から -

単著 1992年6月 トレーニング科学第4巻1号

ラグビーワールドカップにおける日本代表チームの敗因を探るために、その敗戦二試合をVTR分析し、さらに選手の身体的特徴の基礎データをもとに体力学的立場から検討を加えた。その結果、試合の主たる敗因として、1)ラインアウトにおける身長の差、2)身体接触時の発揮パワーの差が挙げられた。
New Zealand Rugby 実戦に学ぶ戦略と戦術 (新ルール編)10巻

単著 1992年12月 日本ラグビーフットボール協会

世界のトップ水準に位置するニュージーランドのラグビーを題材に世界の強豪各国との対戦で繰りひろげられた戦略・戦術を具体的に分析し解説を加えた。フォワードからバックスまでの基本技に対する正しい理解と多彩な応用プレーを紹介することにより、国内のチームのレベルアップを目的とした技術指導ビデオである。
Fitness Training Programmes for Rugby Football Players

単著 1992年11月 流通経済大学 社会学部論叢 第3巻1号

ニュージーランドとオーストラリアラグビー協会が作成したFitness Training Programme を紹介し、解説を加えるとともに、今後の日本のラグビープレーヤーのための Fitness Training Programme を作成するための手掛かりとしたい。